北村龍平最新作『ダウンレンジ』ジャパンプレミア実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


北村龍平監督最新作、極限のソリッドシチュエーションスリラー『ダウンレンジ』が9月15日(土)より公開となる。

公開に先駆け、本日9月6日(木)にジャパンプレミア試写会が実施され、本作を一目早く見ようと、人気芸人、俳優、モデルなどの時代の先端をいくインフルエンサー約70名が集結した。




昨年のトロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門でのワールドプレミアを皮切りに、シッチェス・カタロニア映画祭、釜山映画祭などで喝采を上げた北村龍平監督最新作『ダウンレンジ』が、いよいよ日本で初お披露目となった。北村龍平監督最新作を一目早く見ようと、藤原紀香、舞川あいく、うじきつよし、陣内太蔵をはじめ、芸能人、芸人、そしてモデル等、今をときめくインフルエンサーたちが会場に70名押し寄せた。

まずは世界を熱狂の渦に巻き込んだワールドプレミア上映の様子がスクリーンに映し出され、海外の観客たちの盛り上がりを観た会場の熱気バ最高潮に達したところで、北村龍平監督と真木太郎プロデューサーが登場。喚起の声があがる中、北村監督は「血と爆音の祭典へようこそ!」と挨拶。『この世界の片隅で』を手掛ける真木プロデューサーは「『この世界の片隅へ』という超感動作と180度違う作品ですが、(この作品の)邦題は『この絶望の中心で』ということで(笑)」と笑わせ、「みなさん楽しんでください」と観客に呼びかけた。

北村監督は真木プロデューサーとの関係について、「全然食えない20年位前から飯を食わせてもらっていた仲。奢ってもらったのに残して怒られていたころからの付きあい。いつか一緒にやりたいねと話しているときに、この映画のアイディアを思いついて。ハリウッドで作った映画はすごく時間がかかる。僕はそのころ、『ルパン三世』を作った直後で、原点に戻って無茶苦茶なものを作りたいときだったので、真木さんに「これをやらせてくれ!」と言って作った映画。ハリウッドだけど原点に戻って、作った自主映画!」と力を込めて本作への熱い想いを語った。

MCのアドリブで、なんと舞台上へゲストを登壇させ、北村監督と記念写真を撮る場面も。中でも藤原紀香がステージに登壇すると、北村監督は「ありがとね、姫!」と喜び、「昔ドラマを一緒にやったことがありまして、藤原紀香さんと泉谷しげるさんのLOVEストーリーをやったんだよね(笑)」と振り返り、藤原紀香も「すごく観たかったので、応援に駆け付けました!」と映画を楽しみにしている様子をうかがわせた。

最後に北村監督からは「くれぐれも血が苦手な方は帰ってもらったほうが(笑)。今から90分間、極限の緊張感と爆音を体感してください!」と観客に呼びかけ、舞台挨拶は終了した。



【STORY】
山道を走る車のタイヤがパンクする。乗っていたのは、相乗りした6人の大学生。止まったのは広大な山の一本道で、携帯の電波は不安定。パンクしたタイヤを交換しようと取り外すと、何かが地面に落ちて音を立てる・・・それは、ひしゃげた銃弾だった。タイヤは、パンクではなく、撃ち抜かれていた?その時、すでに若者達は、見えない何者かの「射程距離」に入っていた・・・

『ダウンレンジ』
9月15日(土) 新宿武蔵野館2週間限定レイトショー
配給:ジェンコ
©Genco. All Rights Reserved.
公式サイト:downrangethemovie.com



Amazon商品ページ:NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください