地獄と呼ばれた刑務所をムエタイで生き抜け!『暁に祈れ』日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


カンヌ映画祭2017のミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、ロッテン・トマトでも高評価を獲得した話題作『A Prayer Before Dawn』が邦題『暁に祈れ』として12月8日(土)より全国公開されることが決定した。

今回、本作の日本公開決定にあわせて同時に日本版ティザービジュアルも解禁された。


■海外版オリジナル予告


本作は汚職や殺人が蔓延する実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化した、戦慄の実話アクション作品だ。

監督を務めたのは、リベリアを舞台に暗躍する反政府軍の少年兵たちの姿をバイオレントに描いた『ジョニー・マッド・ドッグ』で、世界的に評価されたジャン=ステファーヌ・ソヴェール。極限状態の中、孤立奮戦する主人公ビリーを演じたのは、ジェレミー・ソルニエ監督のアクションスリラー『グリーンルーム』で注目され、BBCの人気ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」や映画祭を席巻したラブストーリー『きみへの距離、1万キロ』で主演を務めるなど演技とアクション、両方の才能を兼ね備え、ポスト“トム・ハーディ”の呼び声高い新星、ジョー・コール。彼はボクサー役を務めるため何か月も肉体改造に励み、鋼の肉体を手に入れ、過酷な30日間の撮影に挑んだ。


その他にも、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『オンリー・ゴッド』で刑務所長を演じたヴィタヤ・パンスリンガムや、タイの伝説的なボクサーであるソムラック・カムシンなどが重要な役どころで出演するが、役者の大半は現地タイ人の元囚人たちが起用されており、彼らの体験に基づいた迫真の演技により、観客はあたかもその場にいるような感覚に陥ってしまうだろう。

地獄に落されたアウトローが人間性をはく奪されながらも、ムエタイを通じて光を見出していく、監獄版「あしたのジョー」とも言うべき『暁に祈れ』は、ただのジャンル映画の枠には納まらない、パワフルな人間ドラマとして昇華しているのだ!

<各国のメディアで絶賛の嵐!!>

凄まじいバイオレンスの世界に連行される!
――ローリングストーン

壮絶なパワフルさと深い感動を放つ物語
――ロサンゼルス・タイムズ

こんなに獰猛な映画は観たことがない!
――ブルーレイ・コム

新星ジョー・コールの体当たりの演技が、この映画を凶暴な傑作へと昇華させた
――バラエティ

この世で一番、凶暴な刑務所はタイにある
――ニューヨークマガジン




【ストーリー】
ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。世界的なベストセラーをベースにした真実の物語。

『暁に祈れ』
12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次!
配給:トランスフォーマー
(C)2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/APBD/



Amazon商品ページ:劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD] [Blu-ray]


Amazon商品ページ:あしたのジョー 文庫版 コミック 全12巻完結セット (講談社漫画文庫)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す