『スカイスクレイパー』スリル満点の本編抜粋映像到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ドウェイン・ジョンソン主演の最新アクション・エンターテインメント・スペクタクル映画『スカイスクレイパー』が9月21日(金)より日本公開する。

今回、ドウェイン演じるウィルが、高層ビルに取り残された家族を救うために決死の大ジャンプで信じられない距離を飛び移る場面の本編抜粋映像が到着!




大都市・香港にそびえ立つ全高1000メートル超の高層ビル“ザ・パール”が突如テロリストの襲撃により大炎上!ビルの中に取り残されてしまった妻のサラ(ネーヴ・キャンベル)と子どもたちの救出に向かうパパのウィル(ドウェイン・ジョンソン)ですが、様々な誤解によって警察にも追われる身になってしまいます。そんな孤立無援のウィルが建設用の巨大クレーンを丸腰でよじ登り、燃え盛る地獄と化したビルへの侵入を試みますが、ついに警察に追い詰められクレーンのてっぺんで絶体絶命の大ピンチに!どうしても家族を救わねばならないウィルは、想像を絶する高さもなんのその、ウィルの肩幅とほぼ同程度しかないステップを全速力で駆け抜け、約10メートル離れた(※配給会社調べ)ビルめがけて決死の大ジャンプ!過去のとある事件で片脚を失くすというハンディキャップを背負いながらも、家族を愛する気持ちが爆発するとき、走り幅跳び世界記録(マイク・パウウェルの8.95m)を超える超人的跳躍力が呼び起こされる!目を疑うほど体を張って家族を守ろうとするウィルの雄姿に驚くこと間違いし!


今年だけでも『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、『ランペイジ 巨獣大乱闘』と、数多くのアクション映画で主演を務めたドウェインに「過去一肉体的にハードな作品」と言わしめるほど激しいアクションが満載の本作。降りかかる試練や苦難を乗り越えるこの主人公をドウェインに当て書きしたというローソン監督は、「ドウェインに挑戦してほしかったんだ。危うい存在となった彼を見てみたかった。パンチで問題を切り抜けるのではなく、頭を使って切り抜ける彼というものを考えてみてほしかった、そして辛うじて生き延びる彼というのもね」と語っており、ただただスーパー強いだけではない、世界中の観客が思わず応援してしまいたくなるTHE・主人公としての魅力が増幅。愛する家族を救うため極限のピンチに何度も陥りながら、大奮闘を繰り広げるドウェインパパを是非劇場の大スクリーンで目撃すべし!



『スカイスクレイパー』
9月21日(金) 全国公開!
配給:東宝東和
(C) Universal Pictures
公式HP:skyscraper-movie.jp



Amazon商品ページ:ベイウォッチ ブルーレイ+DVDセット (劇場版+完全版収録) [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ヘラクレス 怪力ロング・バージョン [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す