【TGS2018】セルアニメを動かすような感覚を楽しめるアドベンチャーゲーム『フォーゴットン・アン』プレイインプレッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



[記事:畑史進]

コーラス・ワールドワイドから2019年春に発売予定のPlayStation 4、Nintendo Switch向けシネマティックアドベンチャー『フォーゴットン・アン』は、手書きのセルアニメを操作している感覚を味わえる意欲的な作品だ。開発はデンマークのThroughLine Games社が手がけている。



ストーリーは人間界から忘れ去られた物品、物達が生命を宿して生活する世界が舞台。ある日これらの物が反乱を起こし、管理人である主人公アンはその執行者としてテロリストと化した物達を探しに行くという内容。ゲームとしては一見「ドラゴンズレア」や「アウターワールド」のような体裁かと思いきや、実際にはキャラクターを動かしてヒントや物品を入手して道を切り開いていく謎解き系アクションアドベンチャーの体に近い。操作も直感的ですぐにゲームの世界に入り込めるような作りとなっていて、基本的に大層なチュートリアルを必要としないのはいい感触だと感じた。ただ、高所から飛び降りたり、高いところによじ登るアクションを見てしまうとどうしても「お出かけレスターれれれのれ」を彷彿とさせてしまう。


そんなことを可憐な少女アンに向けてしまうのはとんでもなく失礼なことなのですぐに忘れてゲームに没頭するのだが、このゲームは大変会話パートが長い。この会話も当然すべて英語となっており、字幕もついているのでストーリー把握に苦心することは無いが、ずっと会話を見続けるプレイヤーとしてはいくら内容が面白くても辛いと感じてしまった。やはり日本の声優に吹き替えをさせるとなるとインディーズ作品のローカライズの予算と考慮すると苦しい物があるのは理解できるが字を追うだけでは苦しい。ここで担当の人に「このゲームは面白いのだが是非倍速機能をつけて欲しい」と懇願。製品化に実装されているとうれしい。

ゲームは序盤を超える前に終わらせてしまったが、感触としては大変面白く、全編にわって手書きで描かれたという作品、世界観の作り込みに大変満足してしまった。興味を持っていただいた方は是非YouTube等でプレイ動画をチェックして購入の検討をしていただきたい。




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す