「ジョン・カーペンター読本」発売決定!黒沢清、青山真治、中原昌也など豪華執筆陣が魅力を語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


『ゼイリブ』『遊星からの物体X』の相次ぐリバイバル公開を受け、「ジョン・カーペンター読本」の発売が決定した。

黒沢清、青山真治、三宅唱、マキヒロチ、真魚八重子、中原昌也、篠崎誠など豪華執筆陣がカーペンターの魅力を語る!






この秋、『ゼイリブ』『遊星からの物体X』と相次いでリマスター版が公開されるジョン・カーペンター監督。『ハロウィン』の世界的大ヒットでも知られるSF/ホラー映画の巨匠のマスターピースが次々とリバイバル上映されることを受け、彼の魅力をファンたちが語る「ジョン・カーペンター読本」の発売が決定した。それぞれの視線によるカーペンター像が重なり合い、そして新たなカーペンターが生まれる!

黒沢清や青山真治をはじめ、日本でも多くの映画監督たちに多大なる影響を与えたジョン・カーペンター。近年は作品に恵まれないが、人気は衰えることはない。『ダークスター』『ハロウィン』『ザ・フォッグ』『ニューヨーク1997』『遊星からの物体X』『ゼイリブ』『エスケープ・フロムL.A.』……。数々の名作が多くの人々の心をつかみ熱狂へと導いた。いったいそれはどういうことだったのか?心をつかまれた多くの人々が集まって、「わたしはいかにしてカーペンター作品に心をつかまれたか」を語る。その声の集積は、未来に向けて更新されて続ける新たなカーペンター像を生み出すはずだ。

「ジョン・カーペンター読本」は10月19日(金)より発売。10月10日(水)に行われる『遊星からの物体X』<デジタル・リマスター版>の丸の内ピカデリー爆音映画祭での先行上映時に先行販売が予定されている。






■ジョン・カーペンター JOHN CARPENTER
1948 年、ニューヨーク州カーセージ生まれ。父親の8ミリカメラでSF 映画を撮り始める。南カリフォルニア大学映画学科に進学、1970 年、在学中に制作に関わった短編映画『ブロンコ・ビリーの復活』がアカデミー短編映画賞を受賞した。同年、初長編作品『ダークスター』(74)の制作を開始、1975 年に55 館で封切られる。カーペンターの名前を一躍世界的なものにした『ハロウィン』(78)は最も成功したインディペンデント映画となり、世界興収は5500万ドルを記録した。その後、『ニューヨーク1997』(81)、『遊星からの物体X』(82)『ゼイリブ』(88)、『マウス・オブ・マッドネス』(94)、『エスケープ・フロムL.A.』(96)など。2018 年10 月19 日(『遊星からの物体X』デジタル・リマスター版の日本公開と同日)に全米公開予定の『ハロウィン』シリーズ最新第11 作『Halloween』(18)では製作総指揮を務め、音楽も担当している。カーペンターがシリーズのプロデュースに関わったのは『ハロウィンⅢ』(82)までなので、36 年ぶりのシリーズ復帰となる。

◆書籍情報
「ジョン・カーペンター読本」
山崎圭司・樋口泰人編
定価:1,200 円+税(A5判、102ページ)
製作・編集:株式会社boid/発売:株式会社JRC



Amazon商品ページ:ゴースト・ハンターズ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ゴースト・オブ・マーズ [Blu-ray]


Amazon商品ページ:透明人間 [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す