高倉健&北大路欣也主演『八甲田山』シネマ・コンサート開催決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


高倉健と北大路欣也が主演する映画『八甲田山』のシネマ・コンサートが来年1月14日(月・祝)に東京・NHKホールで開催が決定した。

映画史に残る超大作『八甲田山』がフルオーケストラでよみがえる!


本作は1977年に監督・森谷司郎、脚本・橋本忍、音楽・芥川也寸志、撮影・木村大作で公開された。原作は新田次郎の「八甲田山死の彷徨」(新潮社版)。真冬の青森県・八甲田山の山中でふたつの連隊が雪中で演習行軍し、199名の死者を出した実在の出来事を題材にした作品。出演は、弘前歩兵第三十一連隊の徳島大尉役の高倉健、青森歩兵第五連隊の神田大尉を演じた北大路欣也他、豪華出演陣が名を連ねている。


高倉健は映画公開当時46歳、演技者としてまさに脂がのりきった名演で魅了する。北大路欣也は33歳の若さをぶつける熱演を披露している。「天は我々を見放した…」「八甲田で見たことは、一切喋ってはならぬ…」と、映画本編の台詞から取られた公開時のキャッチ・コピーが話題を呼び25億円を超える配給収入を記録、同年に公開された邦画の動員1位となった。製作は橋本忍率いる橋本プロダクションで、前作『砂の器』に続いての大ヒットとなった。


シネマ・コンサートは映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートのみを映画の上映にあわせてフル・オーケストラが生演奏する「映画上映+ライブ」の複合型エンタティメント。過酷なまでの雪中行軍の背景を壮大なオーケストラの音楽が流れるシーンは圧巻、まさにシネマ・コンサートで体感したい作品だ。音楽を担当した芥川也寸志は、この作品で第1回日本アカデミー賞の音楽賞を受賞した。シネマ・コンサートの演奏は名門オケの東京交響楽団。メンバーこそ違うが、公開時の映画音楽も同楽団が演奏している。『八甲田山』シネマ・コンサートのチケットは10月13日(土)より各プレイガイドにて発売される。


【物語】
「冬の八甲田を歩いてみたいと思わないか」第4師団長友田少将から直接声をかけられた二人の大尉、青森第5連隊の神田(北大路)と弘前第31連隊の徳島(高倉健)は、その責任の重大さに全身を硬直させた。日露戦争を目前にした明治34年11月、帝国陸軍は寒地装備、寒地教育の不足を痛感していた。ロシア軍と戦うためには、厳冬期の八甲田を踏破し、寒さとはいかなるものか、雪とは何かを調査・研究する必要があった。雪中行軍は双方が青森、弘前から出発、八甲田ですれ違うという大筋のみが決定し、細部は各連隊独自の編成、方法で行う事となった。



<『八甲田山』シネマ・コンサート/公演概要>
日時:2019年1月14日(月・祝) 開場 15:00 / 開演 16:00  
会場:東京・NHKホール
演奏:東京交響楽団
チケット料金(全席指定/税込):9,800円 ※未就学児入場不可
チケット発売日:10月13日(土)あさ10:00~
上映作品:『八甲田山』 (1977年)
上演時間:2時間49分 途中休憩:20分あり
製作:橋本忍/野村芳太郎/田中友幸
原作:新田次郎
監督:森谷司郎
脚本:橋本 忍
音楽:芥川也寸志
撮影:木村 大作  
出演:高倉健/北大路欣也/加山雄三 他
(C) 1977 橋本プロダクション/東宝映画/シナノ企画

公式サイト:http://www.promax.co.jp/hakkodasan/


Amazon商品ページ:八甲田山 HDリマスター [Blu-ray]


Amazon商品ページ:八甲田山 HDリマスター (完全初回生産限定:復元台本付き) [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す