『アリータ:バトル・エンジェル』怒涛のアクションシーン満載の最新予告編解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



SF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界15の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」。長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で遂に『アリータ:バトル・エンジェル』 として2019年2月22日に公開する。今回、本作の最新予告編が解禁となった。



街“アイアンシティ”に分断された世界。アイアンシティに暮らすサイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって、瓦礫の中から拾われて新たなサイボーグの体を与えられた少女=アリータが、記憶を無くした自分が何者なのか?と悩むが、そんなアリータをイドはまるで本当の子供のように大切に育てる。ある日、自分の中にコントロールできないほどの戦闘能力が備わっていることに気づいたアリータは、実は300年前の大戦中に失われたテクノロジーで作られた<最強の兵器>だった。果たしてアリータと分断された世界の過去に隠された秘密とは。人々の温かさに触れ、感情が芽生えた“最強兵器アリータ”は、自分の命の意味を見つけるため、そして大切な人たちを守るため、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な闘いへと身を投じていく。

今回到着した予告編は、激しい戦いを繰り広げる人々の映像で始まり、これまで謎のベールに包まれていた“300年前の大戦”と思われる映像が初めて初披露となった。そして記憶をなくしたアリータが、自分の内に秘められた力に気付き、徐々に自らの使命に導かれ【戦士】として覚醒していくストーリー同様、映像の後半では、怒涛のアクションシーンが畳み掛ける。最強兵器として作られたという壮絶な過去を持つアリータを破壊しようと凶悪な殺人サイボーグたちが次々と襲い掛かるが、戦士として覚醒めたアリータが驚異的な格闘スキルで彼らを圧倒していく様子が最新鋭のハリウッドの映像技術を駆使しダイナミックに描かれている。さらに原作『銃夢』でファンから絶賛されたサイボーグのレーサーたちによる、アクション満載のサバイバルゲーム“モーターボール”も描かれ、迫力と緊迫感に満ちたシーンとなっている。

映像を見た原作者の木城ゆきとは「ありがとう!これこそ僕が30年前に見たかった映像だ!」「映画表現がうらやましい!」と語り、キャメロンが作り上げた世界を賞賛。キャメロンもまた「原作は新鮮で、創造的で、最先端。美しく、恐ろしく、驚異的だ。木城先生が作った世界を映画に収まる範囲で最大限に映像化した」と語った。さらに、「『アバター』より壮大だね」と作品の凄さを語る。



【ストーリー】
舞台は、“支配する者”と“支配される者”の2つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。彼女は 300 年前のサイボーグであり、なんと脳は生身のまま生きていた。イドは、過去の記憶を失っていた少女に新たな機械の身体を与え、アリータと名付けて成長を見守る。ある日、自分の中に並外れた戦闘能力が眠っていることに気づいたアリータは、自分が 300 年前に失われたテクノロジーで創られた“最強兵器”だということを知る。逃れられない運命に直面した少女は、与えられた自分の命の意味を見つけるために、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る。

『アリータ:バトル・エンジェル』
2019年2月22日全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/



Amazon商品ページ:銃夢(1)


Amazon商品ページ:銃夢(2)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください