『アリータ:バトル・エンジェル』VFXスタッフが技術の進歩などを熱弁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



SF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界15の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」。長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で遂に『アリータ:バトル・エンジェル』 として2019年2月22日に公開する。今回、本作のVFXを担当したWetaデジタルからニック・エプスタイン氏が来日し、映画ライター杉山すぴ豊氏と世界初映像解禁イベントに登壇した。



イベント冒頭で、ジェームズ・キャメロンとロバート・ロドリゲスのメッセージ映像で幕を開けた。約30分にも及ぶ世界最速となるフッテージ映像では、モーターボールのシーンが初めてお披露目され、迫力ある映像に来場者は度肝を抜かれた。上映が終了すると、会場には興奮冷めやらぬままに、大きな拍手が沸き起こった。ニックさんは自己紹介の中で、自身の担当について「Weta デジタルで本作の映像の600ショットを担当し、アリータが水中を歩くシーン、工場やバーなどのアクションシーンをたくさん担当しました。」と説明。杉山さんは世界初解禁の映像を観て「アリータに恋しました。彼女を愛らしくするために公開が遅れたのかと思うくらいです。待った甲斐がありましたね!」と素直な熱い気持ちをぶつけた。また、ニックさんの普段の仕事については「監督やプロデューサーと毎日ミーティングし、彼らのビジョンを明確にアーティストに伝える役目を担っていました。」と話した。

今回の作品において、ジェームズ・キャメロンからどのような指示があったか?という杉山さんからの質問に、「600ページのバイブルがあり、中には脚本や絵やデザインなどがほぼ全て入っていたので、制作に入る前から形がしっかりできました。」と現場だからこそ分かる、キャメロンの熱烈な作品愛のエピソードを教えてくれ、さらに「キャメロンからのフィードバックが頻繁に来ていて、それは<原作の漫画に忠実にする>ということでした。例えば、アリータの目の下にある血のマークのちょっと場所が違うと言い出して、キャメロンは「原作3冊目の31ページを参考にしろ」と具体的に指示されました。」と話し、その愛の強さに、会場からは驚嘆の声が起こった。

さらにニックは「アリータは本当に大変な企画でしたが、とてもやり甲斐があった。アリータは今までに手掛けてきたサノス(『アベンジャーズ』シリーズ)、シーザー(『猿の惑星』シリーズ)など、動物らしいものやエイリアンとは違い、とても人間らしいものだったので難しかった。解決策としては、ローサの実際の演技を取り込みことで、口の動きなど非常に信じられるものになった」と語った。それを受けた杉山さんは、「涙を流すところはとても印象的だった
が、実際にローサは泣いていたのか?」という質問にニックは「演技全体、感情も全てキャプチャしました。ローサの演技があったからこそできたことです。」とローサについて語った。またニックさんは「髪の毛のシミュレーションに
しても、アバターの時はリボンのように1万本をざっくりまとめてのシミュレーションできていましたが、今回は全て髪の毛一本一本をシミュレーションしていました。実際の髪の毛と同じように再現できています。」また「アリータでは2つのカメラを使用して顔のキャプチャを撮りました。以前は平面だけだったのが、とても奥行のあるとても正確なキャプチャが撮れるようになりました。そしてもう一つは、ローサの人形を作り、彼女の演技を一度人形に反映させました。」とアバターをはるかに超える技術的進歩があったと語った。

最後に、日本のカルチャーについての興味に関しては、「スタッフの間では、ポケモンがとても人気があります。映画も観に行きました。あとはジブリ映画はみんな好きですね。」と日本のカルチャーの人気の高さを語ってくれた。今回のフッテージ上映で、圧巻の映像を観たファンからは本編への期待がますます高まったという熱い声が SNS で多数寄せられた。



【ストーリー】
舞台は、“支配する者”と“支配される者”の2つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。彼女は 300 年前のサイボーグであり、なんと脳は生身のまま生きていた。イドは、過去の記憶を失っていた少女に新たな機械の身体を与え、アリータと名付けて成長を見守る。ある日、自分の中に並外れた戦闘能力が眠っていることに気づいたアリータは、自分が 300 年前に失われたテクノロジーで創られた“最強兵器”だということを知る。逃れられない運命に直面した少女は、与えられた自分の命の意味を見つけるために、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る。

『アリータ:バトル・エンジェル』
2019年2月22日全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/



Amazon商品ページ:銃夢(1)


Amazon商品ページ:銃夢(2)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す