『アクアマン』全世界興行収入10億9000万ドル突破!DC作品史上No,1 の超絶大ヒット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



ド派手とド迫力を追求し、カーアクションシリーズの最大ヒットを記録したアクション超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛け、今最もその最新作が期待されるジェームズ・ワン監督。彼の最新作にして今まさに世界中の話題をさらっているのが2月8日(金)に日本公開となる『アクアマン』。昨年12月21日に全米公開された本作は、同週公開の並み居る強豪を大きく引き離し、3週連続No.1を獲得。全米以外の世界68ヶ国でも軒並みNo.1を獲得し、なんと中国ではワーナー・ブラザース映画史上最大となるオープニング記録を更新するなど、怒涛の勢いを見せていた。



この世界的な『アクアマン』の狂騒は留まるところをしらず、公開わずか5週間で早くも世界の興行収入は10 億ドルを突破。そして遂に、1月27日時点で世界興収10億9000万ドルを記録した。日本円にして1188億1000万円(1 ドル=109 円換算/1.27 時点Box office MOJO 調べ)に達し、遂に『アクアマン』の全世界興行収入が、DC 映画史上No.1 の興行成績を記録し、映画史の歴史を大きく塗り替えた。

この偉業達成に、ハリウッドで最も注目されるヒットメーカーとなったジェームズ・ワン監督は自身のツイッターで「『アクアマン』が『ダークナイト ライジング』を超えて、ワーナー・ブラザース映画の新たな代表作の1 つになった!」と大きな喜びを表した。なお、本作はワーナー・ブラザース映画の全作品を対象とした世界興収ランキングでも『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』に次ぐ2位という、歴史に名を刻む破格の大ヒットを記録。まだその勢いは留まる事を知らず、全世界は日本の公開に大きな期待を寄せている。



【ストーリー】
人間として育てられた、海底王国アトランティスの末裔にして、サメをはじめ海の生物すべてを従えて戦うことができる男、アクアマン。地上を超える未知の文明をもったアトランティス帝国が、人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼が守るのは――地上か、それとも海か。

『アクアマン』
2019年2月8日(金) 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & cDC Comics”
https://warnerbros.co.jp/franchise/dccomics/



Amazon商品ページ:ジャスティス・リーグ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]


Amazon商品ページ:MAFEX マフェックス No.61 アクアマン 全高約160mm 塗装済み 可動フィギュア


Amazon商品ページ:【POP!】『ジャスティス・リーグ』アクアマン

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す