潜水艦アクション超大作『ハンターキラー』大迫力&緊迫感満載のスペシャル映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



元潜水艦艦長による原作と米国防総省×米海軍全面協力で製作された、ジェラルド・バトラー主演の潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が4月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなる。今回、迫力満点かつ緊迫感溢れる本作のスペシャル映像と、潜水艦のこだわり抜いたディテールなどが伝わる新場面写真12枚を一挙に解禁された。



現実の最新鋭の潜水艦を完璧に再現していることも映画の大きな見どころのひとつ。ドノヴァン・マーシュ監督は映画に登場するのと同じタイプのヴァージニア級攻撃型潜水艦に乗船して数日の航海に出たというが、その体験を通じて「僕がイメージしていた潜水艦とは全く違っていた。たぶんそれは、これまでの潜水艦映画のせいだろう。現実の潜水艦は実践的な戦争の道具なんだ。あちこちにワイヤーやパイプが張り巡らされ、物はただ釘で壁に留められている。そこに活力とパワーを感じたから、そこを描きたいと思った」と、ケーブルの色に至るまでのあらゆるディテールを徹底してリアルに描くこだわりを発揮。米国防総省と米海軍の全面協力により、実際に原子力潜水艦を使っての撮影も敢行し、「圧倒されるほどの迫力だった」と振り返る。このスペシャル映像や場面写真からも、元潜水艦艦長だった原作者や海軍顧問さえも唸らせたという、リアルな潜水艦内の様子を垣間見ることができる。

圧倒的なカリスマ性と決断力を発揮するジョー・グラス艦長を演じたジェラルド・バトラーは、50度ほども傾いていく潜水シーンについて大きなジェスチャーも交えながら、撮影を通じて体感した臨場感を語る。また映像では、ゲイリー・オールドマン演じる、世界的危機に際して好戦的な言動を取るチャールズ・ドネガン統合参謀本部議長の陸上での緊迫のやりとりも捉えられている。その他、敵の見えない水中だからこそ乗組員一丸となる艦内での張り詰めた様子、“ハンターキラー”と連携しながらたった4人でロシアに乗り込む特殊部隊ネイビーシールズの命がけの雄姿、‘絶対不可侵’のロシア海域内で“ハンターキラー”が機雷スレスレを通過していくスリリングな場面、捕虜とされ“ハンターキラー”に乗り込むことになったロシア原潜艦長アンドロポフ(ミカエル・ニクヴィスト)の姿など、映画の魅力が詰まった映像と画像になっている。



























【ストーリー】
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された―。

『ハンターキラー 潜航せよ』
4月12日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
(C)2018 Hunter Killer Productions, Inc.
公式サイト:gaga.ne.jp/hunterkiller




Amazon商品ページ:ローレライ プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]


Amazon商品ページ:U・ボート ディレクターズ・カット [Blu-ray]


Amazon商品ページ:レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]


Amazon商品ページ:クリムゾン・タイド [Blu-ray]


Amazon商品ページ:U-571 [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す