ワイスピ最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』日米同時公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



全世界累計興収5000億円を突破という規格外の人気を誇り、常識にとらわれないスケール、アクションの代名詞といえるシリーズへと成長したワイスピ最新作が邦題『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』として、8月2日(金)日米同時公開されることが決定した。



ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ元FBI特別捜査官 ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の男元MI6エージェント デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)というワイスピファンにはおなじみの2人を主役に迎えた新たな物語が始まる。

二人の前に立ちはだかる史上最強の敵、ブリクストン役には米ピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男」2018年版の称号に輝いた『マイティ・ソー』シリーズのヘイムダル役や『パシフィック・リム』(13)のペントコスト役などで知られるイドリス・エルバ。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(18)でトム・クルーズ演じるイーサンを翻弄する謎めいた美女ホワイト・ウィドウを演じたヴァネッサ・カービーが物語の鍵を握るデッカード・ショウの妹役で参戦!更に、本作の監督に『ジョン・ウィック』(14)、『アトミック・ブロンド』(17)、『デッドプール2』(18)など数々の大ヒットアクションを手掛けるデヴィッド・リーチを迎え、脚本はこれまでのシリーズも手がけているクリス・モーガンが引き続き担当。

今回到着した海外版予告編映像では、ホブスとショウが大暴れする姿が。「誰が組むかこんなクソヤローと!」と互いに暴言を吐き捨てつつも、正反対のキャラクターの2人は衝突しながらも息の合った(!?)コンビネーションで正体不明の敵に立ち向かう。本作で最強の敵として立ちはだかるイドリス・エルバ演じるブリクストンは、「人類の進化型。銃は効かない」と豪語し、何度も世界を救ってきたホブス、そして規格外の男・ショウに容赦なく襲い掛かる。ヴァネッサ・カービー演じるショウの妹が「今度の敵は別格よ」と並々ならぬ真剣な表情で忠告する口調からも、敵の強さが伝わってくるだろう。果たして、ホブスとショウは世界を救うことができるのか。想像を超えたカーアクションだけでなく、ぶっ飛んだアクションの連鎖が止まらない映像になっている。



『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
8月2日(金)日米同時公開!
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures









登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください