『ハンターキラー』ヴァージニア級潜水艦の映画デビュー姿も捉えた特別映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



元潜水艦艦長による原作と米国防総省×米海軍全面協力で製作された、ジェラルド・バトラー主演の潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が4月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなる。今回、米海軍全面協力のもと徹底的にリアルに描かれた潜水艦の内外に迫る特別映像が解禁となった。



“今の潜水艦”を描くために新鮮な視点を持つ存在として抜擢された新鋭のドノヴァン・マーシュ監督は、「徹底したリアリティ重視だ。リアルであるほど観客は引き込まれる」と制作にあたってのポイントを説明。撮影前に映画に登場するヴァージニア級攻撃型潜水艦と同じタイプの原子力潜水艦に乗船して海に出た時の経験をもとに、できるだけ実物に近いセットを作るために海軍アドバイザーのラッセル・クーンズに協力を要請したという。本作の撮影にあたって、米海軍はパール・ハーバーに着岸している原子力潜水艦を開放し2日間だけ撮影に使用することを許可。そのうち丸1日を使い撮影に費やされたのがこの映像でも捉えるダイナミックな潜水の場面だといい、クーンズも「ヴァージニア級潜水艦のスクリーンデビューだ」と感慨深そうにコメント。さらに、海軍の指揮系統と手順などについて出演者全員にトレーニングを行ったことを明かす。

そんな潜水艦シーンについて「ハイテク機器に囲まれた環境だ。実際に乗っている人にしか分からないことも多い」と語るのはアカデミー賞俳優ゲイリー・オールドマン。オールドマン自身は“陸”側の統合参謀本部議長役のため、潜水艦に乗りこむ場面こそないものの、毎日セットに来ていた軍事専門家と密にコミュニケーションを取ることを楽しんだといい、「専門的な要素がとても多いこの種の映画にとって、軍事プロトコルの専門家の存在は絶対に必要だ。我々全員にとってまさにその価値は計り知れぬほどだった」とインタビューで答えている。

“ハンターキラー”を率いるグラス艦長を演じるジェラルド・バトラーは「潜水艦の中はまるでひとつの街のような作りだ」と潜水艦の内部について独特な表現で説明し、さらに、「取材班が数千枚にも及ぶ写真を撮ってきてそれを元にセットの設計図が作られたんだ」と驚きの裏話を披露。本作では、潜水艦の全てを本物らしく描くという米海軍への誓約に基づきケーブルの色に至るまで忠実に作り上げられており、この映像でも潜水艦の中核を担う発令所だけでなく艦内のいたる場所や様々な機器が緻密に作りこまれているのが確認できる。



【ストーリー】
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された―。

『ハンターキラー 潜航せよ』
4月12日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
(C)2018 Hunter Killer Productions, Inc.
公式サイト:gaga.ne.jp/hunterkiller




Amazon商品ページ:ローレライ プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]


Amazon商品ページ:U・ボート ディレクターズ・カット [Blu-ray]


Amazon商品ページ:レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]


Amazon商品ページ:クリムゾン・タイド [Blu-ray]


Amazon商品ページ:U-571 [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください