キアヌ史上最も危険な取引!『ブルー・ダイヤモンド』日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



『スピード』、『マトリックス』シリーズ、『ジョン・ウィック』と長きにわたりハリウッドの第一線で活躍を続ける正真正銘のアクションスターである、キアヌ・リーヴスが主演を務める映画『ブルー・ダイヤモンド』の日本公開日が、8月30日(金)に決定した。




本作でキアヌが挑むのは、ダイヤモンドを売りさばくアメリカ人宝石ディーラー役。希少なブルー・ダイヤモンドを求めて、神秘的なロシア・シベリアの地で繰り広げられるマフィアとの危険な駆け引き、また自らの身に危険が迫るなか燃え上がる刹那の恋が描かれていく。

今回到着した日本版予告編では、いわく付きの幻の宝石“ブルー・ダイヤモンド”を品定めするルーカス・ヒル(キアヌ・リーブス)の姿が映し出されており、怪しげな相棒・ピョートルに誘われて、ロシア・サンクトペテルブルクへと向かう瞬間が確認出来る。ロシアへと向かうルーカスだが、相棒が滞在するホテルの部屋はもぬけの殻…。既にダイヤの売買を成立させていた、ロシアンマフィアのヴォルコフから「2日後にブルー・ダイヤモンドを持ってこい!」と要求され、ルーカスは絶体絶命のピンチに陥ってしまう。相棒が残した伝言を頼りに、極寒の地・シベリアへ向かったルーカスの前に立ちはだかるのは、猟銃を使いこなす謎の集団による急襲、そして美しいカフェの女主人・カティアとの運命的な出会いだった…。妻がいるにも関わらず、刹那の恋に燃え上がるキアヌの迫真の演技は、直近のアクション映画では魅せないスタイリッシュさを放ち、未だ衰え知らずのキアヌ・リーヴスの魅力が詰まった予告編となっている。

併せて到着したポスタービジュアルでは、スタイリッシュなキアヌの姿がでかでかと映し出され、「その地では、いかなる輝きも凍り付く」と語れている。



【STORY】
希少な最高純度のブルー・ダイヤモンドの取引のためにロシア・サンクトペテルブルクを訪れた、宝石商のルーカス・ヒル(キアヌ・リーヴス)。ところが、ダイヤを所持していたビジネスパートナーのピョートルとの連絡が途絶え、ルーカスは伝言を便りに彼を追ってシベリアへと飛ぶ。親密になった現地のカフェの女主人カティアを巻き込み、苦労の末にダイヤを見つけ出すが、それは巧妙に作られた偽物だった。期日が近づき、取引相手のロシアンマフィアの手が迫るなか、果たしてルーカスは一世一代の取引を成功させることはできるのか…!?

『ブルー・ダイヤモンド』
8月30日(金)、新宿バルト9ほか全国ロードショー
配給:クロックワークス
(C)2018 MARS TOWN FILM LIMITED



ビルとテッドの大冒険 [Blu-ray]


マトリックス トリロジー 日本語吹替音声追加収録版 (4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ)(初回限定生産/9枚組/豪華ボックス&ブックレット付) [Blu-ray]


ジョン・ウィック 4K ULTRA HD+本編Blu-ray<2枚組>

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す