映画『クリムゾン・ピーク』 大人への旅を描いた“おとぎ話” キャスト&監督が語る特別映像到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2449_TPT_00015R

ギレルモ・デル・トロ監督の最新作にして、監督史上、最も美しい極上のゴシック・ミステリー、『クリムゾン・ピーク』が1月8日(金)より公開となる。

いよいよ公開となる本作より、トム・ヒドルストンやジェシカ・チャステインのキャストをはじめ、ギレルモ・デル・トロ監督が語る特別映像が到着した。

 

本作は、『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』を手掛けたギレルモ・デル・トロ監督の約3年ぶりとなる最新作。細部まで作り込まれた屋敷を舞台に、“怖さ”と“美しさ”が創り出す、監督ならではの世界観が広がっている。監督自身、今年開催されたコミコンで、「これまでの中でも大好きな三本の映画のうちの一本。そして個人的に最も美しい映画だと思っている」と話すほど、ギレルモ・デル・トロ監督史上、最も美しい極上のゴシック・ミステリー作品。

 

本作を一足先に観賞した人々からは、映像の美しさに称賛の声が多く上がっている。中でも、ゲームデザイナーの小島秀夫さんは、「冒頭のユニバーサル・ロゴから、エンド・クレジットに至るまで、何処を切り取っても、ギレルモ・デル・トロ監督のセンスと才能に満ち溢れている。耽美で怪奇なロマンティシズム。ジャンル分けなど無用だ。本作「深紅に染まる山頂(クリムゾン・ピーク)」は、まさにデル・トロ色に染まる至極の119分。」と絶賛コメントを寄せている。

 

 

「本作の核となっているのは、“登場人物の大人への旅”。それは『不思議の国のアリス』や『白雪姫』など、様々な童話に見つけることができる」と語るのは、ギレルモ・デル・トロ監督。このストーリーは自己の独立を含んでいるそうで、「通過儀礼として、登場人物たちは闇の旅へと連れ出されるんだ。地理的な空間を越えて、大洋を横断したり、地下世界へと降りたりもするんだよ」と語っており、本作を一言で“暗くて悲しいおとぎ話”と表現している。

 

主人公イーディスと結婚する、実業家トーマス役のトム・ヒドルストンは、「本作は暗い秘密に満ちた古い屋敷の物語。物語の中心にいるのは若くて純粋な女性。映画の中の空間が徐々に狭まり、謎が強まる」と語り、本作への興味をより一層掻き立てます。また、イーディスの幼馴染のアラン役のチャーリー・ハナムも同様に、「様々な出来事をきっかけにストーリーが危険な方向へと進む」と一言。そして、「“愛のためにできること”、それが本作のテーマね」と語る、トーマスの姉ルシール役のジェシカ・チャステインは、「愛は怖ろしいものよ」と意味深な言葉を添えている。

 

【ストーリー】
深紅に染まる山頂にそびえ立つ屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは…?
イーディスは、幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった…
やがてイーディスはトーマスと恋に落ちる。彼女の父親の不可解な死をきっかけに二人は結婚、トーマスの姉ルシールと一緒に屋敷で暮らすことに。冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、【クリムゾン・ピーク】と名付けられた山頂にある広大な屋敷。イーディスが新たな生活に慣れるにつれ、深紅の亡霊たちが姿を現し、彼女に警告する。「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」果たして、その言葉の意味とは?そして、この屋敷に隠された秘密とは?

 

『クリムゾン・ピーク』
2016年1月8日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開
レーティング:R15+
配給:東宝東和
(C) Universal Pictures.
公式HP:http://CRIMSONPEAK.jp

 
 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す