古川雄輝と間宮祥太朗のラブシーンがヤバい!?映画『ライチ☆光クラブ』プレミア上映イベントを実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ライチ☆光クラブ4

独創的な世界観と圧倒的な画力で支持される漫画家・古屋兎丸氏のロングセラーコミックを映画化した『ライチ☆光クラブ』が、2月13日全国公開となる。

映画公開に先駆けて、主演の野村周平をはじめ、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音、内藤瑛亮監督による舞台挨拶付き先行上映会が実施された。


物語の舞台は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地”光クラブ”。大人のいない世界をつくろうとした9人の少年たちによる裏切りと愛憎の物語と、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械“ライチ”と、少女カノンの恋が、圧倒的に美しくダークな世界観で描かれる。

会場には、当選確率20倍という超高倍率の中から選ばれた、約400人のファンが集結。飛び交う黄色い声援の中、古川は「おはよう、廃墟の恋人たちへ」と、演じたゼラ風の挨拶でファンサービス。続く間宮も「きゃはっ♪」とジャイボのセリフで場内を盛り上げた。

イベントでは登壇者たちが【○×】の札を上げて答えるアンケートが実施され、撮影現場でのエピソードを披露した。

MCの「富士の麓にある極寒の廃工場で行われた本作の撮影ですが、もうこんな撮影は二度とごめんだ!」という質問に対し、古川は【×】を出し「撮影は夜帯が多く、肉体的には非常に過酷だったのですが、ゼラという役柄は本当に演じてみたかった役の一人だったので、撮影自体はとても楽しかったです。」とコメント。

さらに「自分が演じたキャラクターと友達になれそう?」という質問には【◯】。会場のファンは意外な返答に驚いていたが、古川は「ゼラは個人的にしっかり話せば、意外と良い奴なんじゃないかな。皆がいるからちょっと粋がっちゃてる感じなのかな?一緒にチェスとかしてみたいです。」と誰よりも自身の役柄を理解している様子だった。

そしてファンの間で話題になっている、ゼラとジャイボのラブシーンについて「いい意味でヤバイ?」という質問では、古川は【×】を出し「やってる本人としては、そんなにヤバくないです。シーン的には他のとあまり変わらない感覚でやっているので・・・」とコメントすると、客席からは「えぇぇぇ!?」という声が。野村が「えっ? あんなことやこんなことをしていたのに?」と古川を煽るが、冷静に「まぁ、撮影ですから。ラブシーンは過去にもやっいるので、それが異性から同性になっただけであって。」とコメント。間宮が「僕は初めてだったのに・・・」と呟くと、「間宮くんの初をもらっちゃって申し訳なかったです」とフォローしていた。古川の冷静なコメントに間宮は「古川くんの本心を知って大変残念です(笑)あのシーンの撮影は特に話し合いもせず、その場で生まれた生々しいシーンになっているので、皆さんの反応が楽しみです。」とファンに対して期待させるコメントした。

イベント最後は、劇中に登場するライチ酒を想起させるライチジュースを持ち「ライチ、ラライチ、ララライチ!」の掛け声とともに乾杯をし、イベントは終了した。


[写真:ハウル沢田]


ライチ☆光クラブ3

ライチ☆光クラブ

ライチ☆光クラブ2

古川雄輝3

古川雄輝2 古川雄輝 間宮祥太朗


松田凌 野村周平 中条あやみ





映画『ライチ☆光クラブ』
2016年2月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
配給・宣伝:日活
(C)2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
公式HP:litchi-movie.com

ライチ・光クラブ [ 古屋兎丸(1968-) ]

ライチ・光クラブ [ 古屋兎丸(1968-) ]
価格:1,382円(税込、送料込)



登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

関連記事(こんな記事好きですか?)

コメント

  1. Lilly より:

    hmm, maybe you can colaborate with online manga reader like mangahere.com or mamctsarean.gomBtw, all the files can’t be downloaded, it say has been removed

コメントを残す